ウエディングイタリーのプランナーがイタリアならではのウエディングをプロデュース

イタリアであなただけのスペシャルな挙式を演出

/
/
/
/
jp
/
/
/
/
Home
header

イタリアンウエディングプランナー  -  イタリアでの海外挙式

チビダーレ (北イタリア、世界遺産)
 
 
フリウリ、ヴェネチアジュリア / チビダーレ (北イタリア、世界遺産) /

 

観光ツアーでいく大都市では物足りない、イタリアの魅力の醍醐味は深い歴史のある小さな町で暮らす人々の生活を垣間見ること。小さな町の物語のファンの方にぜひお勧めしたいのが、北イタリアのチビダーレ。ウディネの町から15km、イタリアンアルプスのふもとにあるこの町は、アルプスを一方に、深い渓谷を他方にを望む、おとぎ話の中にいるように感じられる町です。かつてはこの地方の商業の中心として誇った町も、今はイタリア通の近隣ヨーロッパの人々が、町の風情、この地方のワインと料理を目当てにやってくる静かな町なりました。  
 
紀元前50年、ジュリアスシーザーによって作られた町は、ローマ帝国にとってこの地方の中心地になりました。その後、ビザンチン帝国、ロンバルディ王国等の侵入、カトリック教会の直領、ベネチア共和国、ナポレオンの侵入、オーストリアの侵略を経て、イタリア王国となる等、さまざまな変身を遂げた町でもあります。(その他、あまり知られていない歴史で特記すべきことといえば、9世紀のチビダーレ公爵のべレンジャー一世はその後、イタリア国王になっていること、14世紀に大学の創設により、文化的にも重要なものであったことでしょうか)
 
石畳の町並みをそぞろ歩くと、この豊かな歴史の重みを感じることが出来ます。町の中心にある大聖堂、その近くにはイタリア最高の建築家、パラディオの手によるヴェネティ宮殿、町を二つに分けるナティゾーネ川にかかるデヴィル橋からの眺めは壮大なものです。ケルト人が作ったといわれる地下の多数の部屋も今も歴史学者の興味を誘うものです。
 
大聖堂は8世紀に起源を持つ教会の跡に15世紀にピエトロロンバルドの設計によるベネチア風ゴシック建築。内部は8世紀の大理石の彫刻、12世紀の銀の祭壇等、長い歴史を物語るものです。隣接のキリスト教美術館には教会に由来する美術品が納められています。ナティゾーネ川沿いの谷間の聖マリア教会も中世の美術の特徴あるもので、ロンバルド王朝時代の公爵家のプライベートチャペルとしても使われていたものです。
 
歴史を感じながらも、町を歩けば特徴ある小さな店、カフェ、子供たちが遊ぶ広場等、観光客や大型チェーン店に占領された大都市には無い、本来のイタリアの日々の生活を体で感じられる町です。
 
お二人の挙式の舞台は、町の中心にあるマッジョーレ修道院の回廊。かつての修道院は今、歴史遺産として市の管理化におかれています。ここでは、リーガル挙式あるいはセレモニーが可能です。情緒ある回廊内でセレモニーマスターの前で結婚を近い、その後町をそぞろ歩きながらフォトツアーを。
 
お泊りは町を一望するチビダーレ城で、式後のお食事もここでご用意いたします。郷土料理と地元のワインをお楽しみください(スパも完備のこのお城で小さな町を体験しつつ、滞在は妥協しないコンフォートを。*この町出身のアメリカで著名なイタリア料理研究家、レストランオーナーのバスティ二アッチにより、アメリカにもこの地方の料理とワインは広く紹介され、高く評価されています。
 
ハネムーンには、ここから鉄道でヴェネチアに移動し、その後、北イタリアの他の町をおたづねください。(ハネムーンの手配もご相談ください)
 
モデルプラン 
 
DAY 1アリリタリア、JAL ローマ経由トリエステ空港(あるいはルフトハンザ航空、ミュンヘン経由、トリエステ空港着 )、専用車でチビダーレへ移動。
DAY2 旅の疲れを癒しましょう。町のそぞろ歩き等
DAY3 挙式、フォトツアー、レセプション
DAY4 鉄道でヴェネチア等へ移動
 

 

Civil Weddings
リーガル挙式
According to tradition Cividale was founded in 50 B.C by Julius Caesar and called Forum Julii (the market of Julius). Venetian and Celtic remains, however, bear witness to pre-existent settlements. In 568, with the conquest of the Longobards led by King Alboin, Cividale becomes the capital of the first Longobard Dukedom in Italy.The artistic heritage of the city testifies its historical importance. The ancient Forum Julii is unanimously recognized as being the historical and cultural capital of Friuli. In 2011 Cividale became part of the UNESCO World heritage as part of the most important Longobard cities of Italy.